ヤンゴンの風俗・夜遊び

ヤンゴンの夜遊びスポットのド定番!パークロイヤルホテルの「club5」を徹底調査【海外風俗】

こんにちは、タローです。
今回はヤンゴンでも援交バーとして名高いパークロイヤルホテルの「club5」に行ってきました。
club5には夜な夜な売春婦が集まってきて、その日の夜を共に過ごす客を物色してるって話。

置屋ディスコばかりだと同じような感じでつまらないと感じていたタロー。
なので、ヤンゴンに慣れてきたタイミングで、club5にも突入してみました!

【海外風俗】ヤンゴンの夜遊びスポットのド定番!パークロイヤルホテルの「club5」ってどこにある?

club5は、パークロイヤルホテルというヤンゴンの5つ星ホテルの中に入ってる援交バーです。

1階のフロントを正面にして、エレベーターがある側とは反対の右側の廊下をずーっと行った先にclub5があります。
途中ではホールみたいな場所の横を通り過ぎていくことになりますね。

【海外風俗】ヤンゴンの夜遊びスポットのド定番!パークロイヤルホテルの「club5」の料金

club5で遊ぶ場合には、

  • 入場料
  • ドリンク代
  • 女の子とのプレイ代

の3つの料金がかかります。
この料金の合計額が女の子と遊ぶ際の料金になると考えておきましょう。

なお、入場料は8,000チャット(宿泊者は無料)、ドリンク代はビールを2杯飲んで、4ドル程度って感じですね。
ドリンク代については飲めば飲むほど料金がかさんでくるので、人によると思います。
ただ、さっさと女の子を選んで部屋に連れ込むっていう場合であれば、10ドル以内の範囲内にはおさまるかなと。

で、肝心の女の子とのプレイ代ですが、これは交渉次第なので何とも言えません。
タローの場合は、100,000チャットでショートタイムとかなり割高になりました。
が、交渉次第ではもっと安くすることもできるかなと。
っていうか、タローがclub5で引いた子はスタイルやルックスは良かったですが、素行が最悪だった。
結果、100,000チャットよりも高い料金でプレイすることになってしまいましたが・・・詳しくは後述します。

なお、club5の営業時間は1時までで、日曜日とミャンマーの祝日はお休みです。
ちなみに、club5のピークは21時半~22時半くらい。
そのため、20時とかの早い段階で行くと、女の子は選び放題です。
なので、いい子をゲットしたければ、20時半くらいにはclub5を覗いてみるのがよいでしょう。
その時点で、もしいい子がいないようなら、22時頃に行ってみましょう。
そうすると、遅めにclub5に来店した売春婦が増えてるので、もう一度新しい女の子をチェックすることができます。
なので、

  • 20時半ごろ一度club5を覗く
  • いい子が居なければ、再度22時に来訪

という2段構えで女の子を探すのがおすすめです。

【海外風俗】ヤンゴンの夜遊びスポットのド定番!パークロイヤルホテルの「club5」の体験談

ここからは、パークロイヤルホテルのclub5の体験談についてご紹介していきたいと思います。

club5の入口はちょっと分かりにくかった・・・

ヤンゴンに旅行するにあたって、ディスコ置屋以外に訪れてみたいと思っていたスポットが、club5
こちらはヤンゴンにおける援交バーとなっており、かわいい子もたくさんいるって話。
以前ジャカルタに行ったときに、CJ’s Barっていう援交バーに遊びに行ったので、そんな感じをイメージして突入します。

【海外風俗】ジャカルタの夜遊びスポットのド定番!ナイトクラブ「CJ'S Bar」を徹底調査ジャカルタの風俗遊びっていうと、置屋・パラダイススパ・カラオケが注目されがち。 ですが、ナイトクラブで女の子を持ち帰るっていう遊び方も...

なお、こちらのclub5ですが、パークロイヤルホテルのフロントからはちょっと離れた位置にあります。
看板等も出ていないので、初めて来る人は迷うかもしれません。
とりあえず、フロントを正面にして右側の廊下をずっと進んでいくと覚えておきましょう。

club5に入場すると、おばちゃん売春婦の3人組に絡まれる。
3Pで200,000チャットって無いない(笑)

club5に入場すると、

こんな感じの空間が広がってます。

なお、動画だとかなりたくさんのお客が盛り上がってますが、タローが訪れた20時半の時点ではお客はタローを含め4~5人の男性しかいませんでした。
まぁ、女の子は50人くらいいましたけどね(笑)
ちなみに、

club5に入るやいなや、バーカウンターのところに座ってる売春婦たちがガンガンアイコンタクトを送ってきます。
ただ、少しゆっくりと女の子を選びたかったので、

バーカウンターからは少し離れた席に座ったタロー。
しかし、そんなタローの近くに寄って来て積極的にアピールしてくる女の子もいました。
また、バーカウンターに座ってる子もタローのに手招きしてきますね。
20時半の時点では男の客が数名しかいないため、女の子も限られた男性客にアピールするのに必死です。

とりあえず、離れた席でビールを一杯飲んだ後、女の子を物色しようってことでバーカウンターの席に移動します。
すると、3人組の売春婦に囲まれる形になりました。
ただ、この売春婦3人組はかなりの年増
おそらくアラサーでしょうかね。
しかも、1人はかなりのブス・・・。
これはかなり厳しいです。
ただ、club5の雰囲気に慣れるって意味もあり、しばらく女の子と会話。
女の子が「日本から来たの?」と英語で聞いてきたので、「日本人よく来る?」と質問してみると、「22時くらいから日本人がたくさん来るよ」とのこと。
20時半にclub5に入ったタローはかなりフライング気味だったみたい。
その後も「肌白いね」とか、「いくつ?」みたいな当たり障りのない会話をしてると、女の子の方から、「2人で200,000チャット、3人で300,000チャットでどう?」みたいなお誘いが。
ただ、この年増軍団とセックスするような趣味はタローにはありません。
ってことで、適当にその場で話を濁しながら、トイレに行く感じで、バーカウンターの席を脱出。

バーカウンターのエリアにはベテランっぽい売春婦が集まってます。
なので、あんまりおすすめできないかなって感じです。
ちなみに、そのバーカウンタの後ろ辺りにもちょっと座る席があり、そこら辺に若い子が固まっています。

なので、若くてかわいい子を探してるなら、バーカウンターの後ろ辺りの席をしっかりとチェックした方がいいと思います。

板野友美似のキレイ目ギャルをお持ち帰り。しかし・・・こいつが曲者だった!!!

タローがお相手になる女の子を見つけたのも、バーカウンターから少し離れたエリアのテーブル。
そのエリアには何人か若くてかわいい子が居ました。
が、その中でもすらっとししたスタイルで目を惹いた板野友美似の女の子をチョイス。


最初は愛想が悪い感じでしたが、タローがドリンクをおごって飲み始めると、徐々に打ち解けてきた感じに。
で、女の子の方から「一緒に部屋に行っていい?」みたいなお誘いが。
もちろんこのかわいい子だったら全然オッケーってことで、条件交渉に移ります。
条件交渉については女の子がスマホで「100,000」と打って提示してきました。
で、タローが「朝まで?」とか、「2発いい?」みたいな細かいことを聞いてると、「オッケー」と答える女の子。
なので、交渉はスムーズにまとまって部屋への連れ出しとなりました。

なお、今回はパークロイヤルホテルに宿泊していたので、部屋に連れ込む際には、IDチェックが必要です。
ただ、昼の受付は女性でしたが、夜の受付は男だけになってます。
なので、連れ込みの際も白い目で見られるようなことは無し。
無事にID確認を終え、部屋に直行です。

ちなみに、club5から連れ出しをしようとしてるときに、常連のミャンマー人?中国人?と思われるような男性が来て、「今日も相手してもらいたかったのに・・・」みたいなことを言ってました。
なので、人気のある子みたい。


まぁ、このルックスなので、人気も出るでしょうね。

ギャルに財布から金を抜かれるアクシデント発生・・・やられた!!!

部屋に到着すると、お風呂を沸かし始める女の子。
シャワーを使ってさっさと済ませたい」って子が多いなかで、お風呂を入れるなんてサービスのいい子だなって思ってました(その時は)。
で、お風呂のお湯が溜まるまでは女の子とおしゃべり。
女の子の名前はモモちゃん。
お兄ちゃんがいることと、20歳っていう年齢を聞き出します。
で、お風呂が溜まるまではベッドでいちゃいちゃ

そうこうしてるうちに、お風呂が溜まったので、「一緒に入ろう?」って誘うと「恥ずかしい」との答えが。
何それ?
一緒にお風呂に入るつもりで入れたのかと思ったので、ちょっと拍子抜けしたタロー。
ただ、せっかく女の子がお風呂を入れてくれたので、ゆっくりとお風呂に浸かることにします。

で、その後風呂から上がってくると、女の子がちょっと慌てた様子でベッドに戻ります。
そして、取り繕うかのように「私もお風呂に行くねぇ」と言って、お風呂に向かう女の子。
何だろうとその時はあまり気に留めませんでした。
で、女の子がお風呂から上がってきて一戦となったのですが、女の子のおまんこを触ってると血が・・・マジか・・・生理です。

お店に管理されてないフリーの女の子のあるあるトラブル。
とりあえずシーツを汚さないように、タオルを敷いた体勢にて正常位で挿入
生挿入を最初は試みようと思ってましたが、「生理の時は性病をもらう確率が格段に上がる」って昔話を聞いたことがあったので、ビビッてしっかりとコンドームを着けます

ちなみに、プレイは体位は正常位と座位以外はNG!
ですが、積極的にディープキスに応じてくれたので、まぁ地雷ではなかったかなという感じ。
もっともサービス良好とも行きませんが・・・。
で、無事にコンドームの中に大量の精子を発射してフィニッシュ。

その後、タローが風呂に再び入って出てくると、もうすでに洋服に着替えてる女の子。
ん?ロングタイムで朝までじゃないの?」と、女の子に確認すると、「ショートタイム~!!」とか言い出す女の子。
club5で交渉した時と話が違います。
なので、しばらく交渉しますが、女の子は帰る気満々。
まぁ、タローも言うて一人でゆっくり寝たいタイプなので、ショートタイムで帰宅するのはオッケーとしても・・・せめてもう一発やらせろや!!!
ってことで、「もう一発やったら、帰っていいよ」っていう方向性で交渉したのですが、女の子の方は聞く耳持たず。
ただ、粘ってると、「もう1回100,000チャット払ってくれるなら・・・」みたいなことを言い出しましたが話になりません。
もうこの時点で交渉はあきらめたタロー。
とりあえず言い値の100,000チャットを渡して部屋から出そうとすると、「チップ」とか舐めたことを言ってきます。
当然、その話は無視して部屋から送り出し。

すると、その後フロントから「女の子が帰ろうとしてるけど、大丈夫?」っていう確認が。
ヤンゴンのホテルでは女の子を早帰りさせると、電話がかかってきますね。
なので、「問題無い」と答えたタロー。

が、問題はその後・・・。
ちょっとインターネットをいじった後に、洋服を片付けてると、ズボンのポケットの中が漁られてることが判明。
で、財布を見ると・・・全部じゃないですが、何枚かお札が抜かれてました。
あの野郎・・・。
どうやら金を盗む時間を作るために、お風呂を入れてくれたみたい。
まぁ、財布には持ち金の20%くらいしか入れてなかったんで、不幸中の幸いでした。
が、それでも5,000円分くらいのチャットは抜かれたかな・・・。
これまで海外風俗で遊んできた中でも金を抜かれるっていう事態はほぼ初体験のタロー。
改めてお店に所属してないフリーランスを部屋に連れ込む際のリスクを感じましたね。

ちなみに、このお金を抜いたモモって女は、肩のところに「VZA」っていう感じの刺青が入ってます。
なので、この刺青が入った女をもし連れ帰ってしまったとしたら、しっかりと財布には目を配るようにしてくださいね。

女の子のルックス:

★★★★★★★★☆☆(星8つ)

タローがclub5を訪れた時に店内にいた売春婦の中では、3本の指に入るくらいの美形でしたね。

板野友美にルックスはちょっと似てるかなって印象でした。
まぁ、手癖の悪さを脇に置くとしたら、ルックスは申し分ないでしょう。

女の子のスタイル:

★★★★★★☆☆☆☆(星6つ)

スタイルはすらっとしたモデル体型の美脚。

ただ、体のいたるところに刺青があります。
その点が大きなマイナスポイントですね。

でも、このケツはたまらなかった・・・

女の子のプレイ:

★☆☆☆☆☆☆☆☆☆(星1つ)

サービス云々よりも、客の金を抜く時点で終わってる・・・。
お店に管理されてないフリーランスには手癖が悪いのいるから要注意っていう海外風俗の鉄則をもう一度思い出さされました。

ヤンゴンの夜遊びスポットのド定番!パークロイヤルホテルの「club5」を徹底調査【海外風俗】のまとめ

今回のパークロイヤルホテルの「club5」の評価をしていきたいと思います。

パークロイヤルホテルの「club5」の女の子のルックスは?

★★★★★★☆☆☆☆(星6つ)

club5の中で、かわいい子は文句なしで星8つレベル
エンペラーあたりのディスコ置屋で働いてても、全く違和感ないくらいのかわいこちゃんですね。


しかし、かわいい子は50人売春婦がいるとしたら、5人に満たないくらい。
それ以外の女の子は普通の若い子か、場合によってはタローが最初に絡まれたおばちゃんみたいなのが混じっています。

なので、総合的にみると、ルックスの評価は星6つといったところでしょうか。

なお、今回タローがお金を抜かれたことでも分かるように、星8つレベルのかわい子ちゃんでclub5で働いてるって子は何か問題がある可能性が。
だって普通にディスコ置屋で働けるレベルなのに、あえてそっちで働いてないってことですから。
まぁ、単純に「自由に稼ぎたい!!」って子もいるかもしれませんが、手癖が悪い・サービス地雷などの理由でお店から解雇された子も結構いるんじゃないかなっていうタローの感想です。
なので、club5にいるかわいこちゃんを指名するのは結構ですが、サービス地雷・窃盗などのリスクは警戒した方が良いでしょう。

パークロイヤルホテルの「club5」の女の子のスタイルは?

★★★★★★★☆☆☆(星7つ)

さすがミャンマーっ子って感じ。
デブは皆無ですね。
まぁ巨乳ちゃんもいないですが、スレンダー好きの人であれば、まず満足できるでしょう。

パークロイヤルホテルの「club5」の女の子のコスパは?

★★★☆☆☆☆☆☆☆(星3つ)

club5のコスパはかなり微妙かなって感じ。
まぁ、100,000チャットでオールナイトならエンペラー辺りよりは安いですが、今回のモモって女みたいに、「ショートタイム!!」とか言って、1発だけで帰られる恐れも・・・。
こういう子に遭遇すると、1発100,000チャットってことになるので、かなり割高ですよね。
その点、ディスコ置屋で働いてる子はママさんなどからの指導があるので、一応2回戦も対応してくれますし、朝までちゃんと一緒にいてくれます(早帰りを希望する子は多いですが、こっちが言えば大丈夫)

なので、個人的には次ヤンゴンに遊びに行くなら、club5は利用せずエンペラーなどのディスコ置屋だけを攻めるかなという感じですね。
その方がトータルのコスパは安くつくと思うんで。

パークロイヤルホテルの「club5」の総合評価は?

★★★★☆☆☆☆☆☆(星4つ)

自分が引いた子は最悪でしたね。
金を抜かれましたんで。
ちなみに、置屋ディスコではなく、こういった援交バーで遊ぶ際の楽しみとしては、ガチガチの売春婦ではなく、半分素人みたいな女の子とプレイできるっていう点が挙げられます。
毎日風俗で体売ってます」って感じではなく、「平日はOLやってて、週末だけお小遣い稼ぎに来てます」みたいなね。
実際、インドネシアで訪れた援交バーのCJ’S Barにはそんな感じの子も多かった。

【海外風俗】ジャカルタの夜遊びスポットのド定番!ナイトクラブ「CJ'S Bar」を徹底調査ジャカルタの風俗遊びっていうと、置屋・パラダイススパ・カラオケが注目されがち。 ですが、ナイトクラブで女の子を持ち帰るっていう遊び方も...

ただ、club5についてはほとんどガチの売春婦ばっかり・・・。
なので、素人っぽい子と対戦できるっていうのを目当てに援交バーを利用する人は当てが外れるかも。
また、女の子のレベルもエンペラーなどの置屋ディスコの方が総合的には上
まぁ、興味本位で訪れてみる価値はあるかもしれません。
が、純粋にいい女とやりたいってことなら、置屋ディスコの方がおすすめ。
その方が満足度は高いと思いますよ!

ヤンゴン風俗のまとめ記事をチェック

ここまで読んで、「海外の風俗に行ってみたいけど、そんな金も時間もねぇよ!!」と思ったあなたへ

海外に行くと、安くいい女が抱けるのは分かってる。
でも、海外に行く金も時間もないんだよなぁ・・・そんな人も多いはず。
そんなあなたは、別に無理して海外に行く必要はありません。
なぜなら、日本にでも安く(場合によってはタダで)いい女を抱く方法はいくらでもあるから。

ちなみに、タローがいつも日本に居る時にタダで女を抱いてるおすすめの方法こちら

海外の風俗でなかなか遊べないって人は、ぜひチェックしてみて下さい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA